フォト

最近のコメント

無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ

cocolon 通信 ハハノコエ

「 な み だ 」


はじめて 娘に 会えた日。


面会の前に知らされた、重度の障がいが残る・・という話。


先生からは、まず・・・


命の時間は 3日・・・だと。


自発呼吸は、できないかもしれない。

哺乳瓶でミルクを飲むことも、できるかわからない。

そんな話のあとの、初めての対面。


私の なみだ は 一瞬で消えた。

とにかく かわいかった。

やっと会えた。


障がいとか、病気とか・・全部吹っ飛んだ。

そのかわり・・・・

むすめの前で 泣いてはいけない・・・と。


気合が入った。

この気合は、ずっと続いている。

こころに そっと・・・・・つよく。


c o c o l o n


cocolon 通信 ハハノコエ


「 娘 の 誕生 」


娘は、仮死状態で産声もあげず、誕生しました。


顔を見ることなく、大きな病院へ救急車で運ばれていきました。


産まれた日から はなればなれ・・。

一週間後、初めての面会。

娘の主治医の先生の ひとことめ。


「おかあさん おめでとうございます」


・・・・・


「おかあさん」

「おめでとう」


はじめての ことば。


うれしかった。


「おめでとう」 が、私を 「おかあさん」 にしてくれた。


c o c o l o n


« 2012年1月 | トップページ